HOME > グラスファイバーメッシュ
Tit_mesh
Mesh01

簡単施工で効果絶大!
初期乾燥クラックを予防

塗り壁最大の心配はクラック。
クラックが出てしまってからでは塗り壁の補修は大変困難です。
そこでグラスファイバーメッシュ。

モルタル下地における乾燥クラックを防ぎ、
塗り壁仕上げのクラックを大きく予防します。

グラスファイバーメッシュ(耐アルカリ加工)
1m×50m (50㎡)

塗り壁の下地にグラスファイバーメッシュを埋め込むことにより、
下地の乾燥クラックの発生を大幅に抑えることができます。
丈夫なガラス繊維は強い引っ張りの力にも耐え、
耐アルカリコーティング加工が施されているので
モルタルに埋めても長期間劣化することがありません。

また縦糸と横糸がしっかりと編みこんであるので、
とても丈夫でよれて型崩れすることもなく、
さらにとてもしなやかなのでコーナーの取り回しもカンタンです。

グラスファイバーメッシュの施工手順


1.メッシュを中に仕込みます。

2.壁に塗り込みます。

3.塗り込まれた状態です。

◎その他資料

ダウンロードして製品情報を詳細にご確認いただけます。

◎グラスファイバーメッシュ最新記事

グラスファイバーメッシュをお勧めします。
 
震災からもう1ヶ月以上経ちますがまだ余震におびえる毎日です。
また建築業界は建材の調達や現場の遅れなどいろいろな問題を抱え先の見えない不安を感じずには居られません。でも復興に向けて一歩ずつ歩みだしたことがテレビでも報じられるようになってきてまさにこれからですね。
弊社が参加している輸入建材を扱っている業者の集まりであるIBMF(輸入事業者連絡会)や、IBMA(輸入建材協議会)でも何かお手伝いできることはないかとそれぞれ企画していることろであります。ご興味のある方は是非ご参加を宜しくお願いいたします。
 
地震のあとスタッコラーストを施工した現場が気になりましたが、何人かの方に確認いたしましたがこれまでにクラックが入ったという情報は来ておりません。特にグラスファイバーメッシュを下地に入れた現場はモルタルでもユーティークリートでも大丈夫なようです。ユーティークリートは仕上げにスタッコラーストばかりではなく、漆喰を塗っているお客様もあり心配でしたが大丈夫でした。

今回の地震では東京でも内装のクロスなどにクラックが入ったというのを大分聞きました。弊社の事務所は古い建物で、もともとはクラックだらけですが、事務所の中の壁はクラックが入っている塗装の壁にモルタル補修をし、そこにメッシュを全面に入れました。その上にルナファーザーを貼り、エンバイロコートを塗っています。今回の地震でもクラックはどこにも入っておりません。ここでもメッシュが役に立ったようです。
 
まだグラスファイバーメッシュを使っていらっしゃらない方は是非、これからは下地、仕上げに関わらずメッシュをお勧めいたします。
 
セールスマネージャー  渡辺寿子


 

◎グラスファイバーメッシュバックナンバー

もっと見る

製品

柔らかく心地よい驚異の弾性性能
屋根メンテナンスシステム
セメント系軽量コンクリートボード下地材
完全ノンVOCの健康塗料
100%アクリル系弾性コーティング材
クラック防止
エイジング仕上専用塗料
環境型リフォームシステム
セメント系下地調整厚塗材
ヨーロッパ式ドライウォール
水性粉末木部保護剤
シリコン系濃縮撥水剤
植物系濃縮洗浄剤
塗り見本無料で作成いたします。
ブライトンカラーパレットより無料で塗りサンプルをお作りします。(対象商品:スタッコラーストE/エラストコート)
ご希望の方は、弊社にご連絡ください。また、その他の色も特注色料金2,500円~承ります。詳しくはブライトンまでお問い合わせください。
塗りサンプルオーダーシート
TEL:03-3491-2861
FAX:03-3491-2863
出荷証明書発行いたします。 ご希望の方は、弊社までご連絡ください。
houzz
キーワードから記事を探す